父のブログ

父となった私の日常、子育て、物欲などお届けします。

カレーのじゃがいも

今日は奥さんが夕食にカレーをつくってくれました。仕事から帰ったら、大きな鍋いっぱいにカレーが。じゃがいもに豚肉に人参、玉ねぎ、マッシュルームも入っています。おいしそう。
帰宅した時ちょうど奥さんは子供を寝かしつけていて、しばらくしたら部屋からでてきました。私の帰りが遅いので奧さんにはいつも先にご飯を食べてもらっています。食べ終わった後の食器があったので、今日もいつも通り先に食べた様子。
今日はぐずりがひどかったらしい。疲れた奧さんをねぎらって、じゃあ俺も食べようと伝えたところ、

「一杯目はおんぶしながら食べてたけど、泣き止まないからだんだん悲しくなって、おかわりはとりあえず寝かしつけてから食べようと思って。」

おかわり、今から食うんかーいっ

嫁ちゃん、好きなだけ食べなさい。先におかわり食べなさい。子供がまた泣いたら俺があやしにいくから、先に食べなさい。
今日も育児おつかれさま。

奥さんはおかわりのカレーを食べつつ、ひとしきり今日の子供の様子とか喋って、おかわり完食したので、いよいよ私も食べようと、自分でご飯よそって具だくさんのカレーのルーを白米の上にかけたところ、

「あ、じゃがいもは硬いから抜いて。明日また鍋温めても硬いなら、取り出してじゃがいもだけチンするから。」

じゃがいも、硬いんかい。

わしがルーかける前に、はよ言わんかい(声にはださない)。

幸い、じゃがは大きめにカットされていたので取り出しやすく、鍋に戻しました。ルー入れた後でも硬い具材は、再度温めても中々火が通らない印象が。。

じゃが、明日は柔らかくなるといいな。