父のブログ

父となった私の日常、子育て、物欲などお届けします。

雨音と、セッションしちゃいなよ

今週のお題「雨の日の楽しみ方」
だいぶ昔に見た音楽番組で、あるミュージシャンが、こんなことを言っていた。

「雨の音が、音楽に聞こえる」

・・・は?

ってなりかけたけど、いや待て。
これは、雨の日の楽しみ方だ。

雨音がリズムということか。
雨音のリズムに乗せて、メロディーを想像し、アンサンブルを構築していくのか。あるいは、雨音をドラム代わりに、雨が降り続けるかぎり、セッションやりたい放題か。雨の量や強さ次第でビートもテンポも刻々と変わり、拍の取り方もこちらの解釈しだいでいくらでも自由に設定できる、くそほど長いプログレ状態。

雨、やべー。

音楽をかじる人間として、いつかこのセッションに挑んてみたいと思う。

雨は嫌いだ。
どうやっても楽しめる気はせず、ネタが浮かばず、このお題やめよーと思ったけど、不意にこのことを思いだし、これなら、この感覚、感性を持てれば、雨を楽しめるのではないかと、冗談半分、本気半分で、思ってるのであります。