父のブログ

父となった私の日常、子育て、物欲などお届けします。

1歳児の育児中に奥さんが旦那にして欲しいことは何だ

こんにちは、アラフォーです。

育児で疲弊してイライラする奥さんと、それをくそまじめに受けとめてイライラする、わし。

お互い余裕がない。

育児のウェイトに関しては奥さんのほうか負担かかっているし、配慮したいが、ちょっとした小言に過敏に反応してしまう。

奥さんは、「えっ?」って聞き返しただけで不機嫌になるくらいピリピリしている。相変わらず子供の泣き声がかなりのストレスになっている。

奥さんに、夫に一番何をして欲しいのか聞いてみました。

・家事
・子供の送り迎え
・夜の寝かし付けや添い寝
・休日の予定を立てる
・休日はわしが子供の面倒みて、奥さんには外に
でてもらうなり自由時間を作る

瞬間的に思いついた上記の事は、して欲しいことの一部ではあるものの、これらは本質に付随するものでした。

奥さんの回答はこうでした。

『優しくしてほしい。』


何をして欲しいかで考えていました。

どうあって欲しいか、が正しい問いでした。

育児で疲れて、体も心も疲れてボロボロだと。

そりゃ、優しくして欲しいよな。。


できるかな。わしに。

耐えるばかりでは、わしの心が持たない。

考え方を変えるのだ。

楽しく時間を共有できるように。


昔、まだ結婚前の付き合っているときに、奥さんに同じようなことを言われて、こう答えたことがある。


「仕事の人間関係で優しさ使い切ってるから、それをしろと言われても無理。」


まじで、誰の人生生きてんだよ。。


なんだこの答えはと思う。自分で言っときながら。


その時と今は環境が全然違う。少なくともこのセリフの状況ではない。

なのに、今は、何に追い込まれて、優しくできねーんだよ。

優しくしなければならない、なのか。今は。。
いや、ストレス感じるなら、この考え方は捨てる。

優しくしたいか、したくないか。。

優しく、したい。

ならどうすればそうできるか。
考えるぞ、わし。
間違ったら考え方をアップデートすればいい。失敗を恐れては何もはじまらない。失敗は悪ではない。そこからなにを次につなげるかだ。ケンカはしたくない。でもチャレンジをしなけりゃ何も生み出せない。

おそれるな。