父のブログ

父となった私の日常、子育て、物欲などお届けします。

ドライブ中の音楽マジック。素敵なロックバンドDIR EN GREY

どうも。1歳児育児中のアラフォー父です。

ドライブと音楽について。
【目次】

ドライブ中は、馴染みのない音楽をかける

車で聞く音楽は基本流して聞けるので、それが良かろうが悪かろうが、わしにとって車内はゆるーく音楽を聞ける空間なのです。

だから、ドライブには、日頃あまり聞かない曲、例えば奥さんが好きで日頃聞いているアーティストの曲や、CD買ったものの1回くらいしか聞いていないなーっていうアルバムをよくかけます。

そして、その中で、おっ、これは・・・!みたいな、新しい発見があったりします。その時は宝物をみつけたような、うれしい気持ちになります。ただ、別にそういうのなくてもゆるーく聞ける場所であることが前提なので、なかったところで損した気にはならないです。

車内で聴いて最近度肝を抜かれた。DIR EN GREY(ディル・アン・グレイ)『THE INSULATED WORLD』

【DIR EN GREY約4年ぶりのオリジナルアルバム『THE INSULATED WORLD』↓↓】

The Insulated World [ DIR EN GREY ]

うちの奥さんは、日本のロックバンド:DIR EN GREY(ディル・アン・グレイ)が大好き。
わしは正直あまり聞いたことがなかったのですが、最近車を運転中に奥さんがDIR EN GREYの最新アルバム『THE INSULATED WORLD』をかけたんです。

わしの記憶のDIR EN GREYは、中高生くらい時にテレビで見た、ビジュアル系時代のDIR EN GREYでとまっていたので、あー懐かしいなー、まだやってるって20年以上だし、すげなーくらいに思っていたんです。

いざ最新アルバムの曲が流れ出すと、

えっ・・・なにこれ。むちゃくちゃ、かっこいい。

なんじゃこれは。

ゴリゴリ骨太なメタルの音と、デスボイスから、シャウト、スクリーム、そして美しいメロディーを歌いあげるボーカルの変幻自在の声が織り成すバンドサウンドが、容赦なく畳み掛けてくる。曲の展開も早い。

姿を見たわけではないのに、わしの遠い記憶の中のDIR EN GREYとは確実に違う。

なんなんだ、これは(2回目)。

むちゃくちゃ、いかつい、ヘビーロック。メタル。

音は洋楽からの影響は強いと思いますが、日本人の琴線に触れるようなメロディーや、歌詞は、独特過ぎる世界観でメッセージ性が強い。デスボイス時など聞き取れないことが多いので、奥さんに、これはなんといっておるのかと、たまに解説を求めています。

いやー、こんなヘビーロックバンド、日本にいねーぞ。と思い、その後、Wikipediaとか、バンドのホームページとか、奥さんに聞くとか、YouTubeみるとか、DIR EN GREYの情報収集。

【バンドのオフィシャルサイト↓↓】
http://www.sp-freewillonline.com/direngrey/

いまでこそ、日本のロックバンドが、海外のフェスに参加するのも珍しくないですが、その先駆けというか、道を切り開いたのが、DIR EN GREYと評されています。

ライブ映像は鬼気迫る。そんじょそこらの、外タレロックバンドなど、圧倒するパフォーマンス。

唯一無二のとてつもないバンドに成長し、いまもなお進化を続けているバンド、DIR EN GREY(ディル・アン・グレイ)。ドライブ中に出会えたことに感謝。素晴らしい日本を代表するロックバンドだと思います。

【ライブ!!超かっこええ!!↓↓】

ARCHE AT NIPPON BUDOKAN【初回生産限定盤】 [ DIR EN GREY ]

DIR EN GREY/UROBOROS -with the proof in the name of living...-AT NIPPON BUDOKAN [Blu-ray] Extended Cut [Blu-ray]

ドライブ中の音楽は夫婦の会話を生む

育児で疲れていると、お互い気が立っているので、些細なことですぐケンカしてしまいます。

DIR EN GREYが流れる前も、ちょっと、小競り合いで、車内の空気悪かったんです。

でも、車内で流れたこのバンドの音楽をきっかけに、奥さんにバンドの情報を色々聞き、次第に話が盛り上がり、嫌な空気もいつの間にか消え失せました。

車内の音楽は、夫婦関係をケアするきっかけにもなるんです。ドライブ中の音楽マジック。

(※注意※ 但し、車内は密室なので、この魔法が逆に振れたときは、地獄。覚悟せよ)

さいごに

うちはN-BOXに乗っているのですが、助手席が、運転席と後部座席と中間くらいまでスライドできるんです。これで、後部座席の子供とやりとりがしやすくなるので、めちゃ便利なのですが、音楽をかけていると、希に奇妙なことがおきます。

子供のいる後部座席では、ポータブルDVDプレイヤーで、『おかあさんといっしょ』や、『いないいないばぁ』などの、幼児向けの知育番組を流しています。童謡や手遊びの歌など、お歌がたくさん。

かたや、前方に座る我々親が聴く音楽は、車内スピーカーの音の出方を調整して、運転席と助手席側のみ鳴るようにしています。子供は後ろで知育番組をみているので、できる限り音が混ざらないようにするためです。

そうすると、車内の前方は『DIR EN GREY』、後方は『おかあさんといっしょ』が流れ、その中間にスライドした助手席の位置では、『DIR EN GREY』と『おかあさんといっしょ』が共存します。『DIR EN GREY』と『しまじろう』のときもあります。

あまりのカオス状態に、気分が悪くなる時があります。

しかし、ごく希に、この2つの音が混ざり、1つの曲に聞こえるときがあるのです。
時空の歪みにでも入り込んだのかと思うような感覚。
激しく重厚なバンドサウンドが鳴り響く中、どこからか、「ぐーちょきぱーでー・・」がこだまし、不協和音が渦巻く。そして、それらがみごとに融合して、1つの曲がうまれる。うまく言葉にできません。ただ、確実に新しい音なのです。長い時間ではありません。一瞬なのですが、やべー瞬間です。

これも、ドライブ中の音楽マジックなのでしょう。

ではまた!


カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽
by ホンダアクセス