父のブログ

父となった私の日常、子育て、物欲などお届けします。

メガドライブミニは今。子供がも少し大きくなったらやりたいテーブルゲーム『ドンジャラ』

f:id:dennoichi:20200604160330j:plain
おつかれさまです👋😃💦

メガドライブミニの今

ずいぶん前に、こんな記事を書きました。

www.dennoichi.com

メガドライブミニ大好きなんですけど、全然できていません。

なぜなら子供がゲーム機の配線を引っ張りまくるからです😱

大人しく、父のゲームを横で見ているような子供ではありませんでした。

まあ、ゲームする時間も、ないんですけどね。

ゲーム好きの知人に、この事も含めた近況報告をLINEしたら、メガドライブミニには全く触れない返信だったので、

「メガドライブミニに全然反応しねーな、セガやぞ!」

と送ったら、

「そんなマイナーなやつ、知りまへん」と返してきやがりました。

くやしい😢

おー、我が偉大なるセガよ、奴が最高潮の時にゲーム機の電源を落としくだされ。

【👇メガドライブミニw】

この1台に、往年のメガドライブ傑作&幻のソフトが42タイトル収録された充実のラインナップです。
手のひらサイズでかわいいですよ。

ドンジャラって知ってる?

メガドライブミニを楽しめないのは残念です。

しかしながら、子供がも少し大きくなれば、配線を引っこ抜くこともなくなるでしょう。

そんなことを考えていると、ふと、思い出しました。

わしが小学校低学年の時分に、友達と熱狂した、あるゲームのことです。

それは、『ドンジャラ』です。

【👇ドンジャラ】

これはテレビゲームではありません。

麻雀をもっと子供向けにわかりやすく、シンプルに簡略化して、かつドラえもんのキャラクターをパイにあしらったテーブルゲームのおもちゃです。

ドンジャラとか、ポンジャンとか、メーカーによって商品名がことなりますが、遊び方はだいたい一緒です。扱うアニメの題材が、ポケモントイストーリーのものもありました。

わしが慣れ親しんでいるのは、ドラえもんのドンジャラ。なんと、今年で40周年だとか。

当時、ドンジャラある家はちょっとお金持ちなイメージありました🤑
ちょっと高価なおもちゃだったんでしょうね。


ドンジャラの遊び方を簡単に説明すると、手持ちもパイを交換しながら、同じ絵柄を3個で1セット、計3セット集めたら、役が完成します。役毎に点数がついており、合計点数を競うゲームです。
ドンジャラの遊び方詳細はこちらです↓
toy.bandai.co.jp


役が揃った人は、ゲーム参加者にそれを宣言するのですが、その時に決まった台詞があります。

元気よく、「ドンジャラ!」と言います。

これが、ドンジャラの醍醐味です。

「ドンジャラ!」

言いたくなりませんか?

わしは、高らかに宣言したいです。


子供から大人まで幅広い年齢層が一緒に遊ぶことのできるテーブルゲームだと思います。

親戚集まる正月などは盛り上がるでしょうね。

麻雀はギャンブルの印象もありますが、一方で、頭を使うゲームとして優れた面もあります。

また、認知症予防にも効果があるという研究結果があり、高齢者施設に雀卓が設置されているところもあります。

ドンジャラも、役を覚えたり、点数を計算したり、どんな役を狙うか、そのアイデアを考えたりするのは麻雀と一緒ですから、常に脳を使うので、知育にはとてもよいのではないでしょうか。

麻雀ほどルールが複雑でないので、覚えやすいし、入りやすいテーブルゲームです。

あー久々に叫びたい。

「ドンジャラ!!」

対象年齢は6歳くらいからなので、もう少し大きくなったら父に付き合ってください。

それではまた➰👋😃